トップ

子供が学校で学ぶ人間関係

学校での友達関係

学生生活

学校の人間関係を考える

子供がいると保護者が心配なのは人間関係でではないでしょうか。上手にクラスに溶け込んでいるかなどと心配は尽きません。例えば小学校に入学すると、初めは男女共に一緒に遊んだり大勢で行動したりとさほど心配もない様に感じますが、それが高学年にもなると事情は変わってきます。特に女子はグループに分かれて行動するようになり、仲の良い子が絞られる傾向にあります。またちょっとした言動で傷ついたり傷つけられたりと、メンタル面も少しずつ思春期の一歩手前まできているので心の変化が出てきます。人間関係をどの様に良くするのかを学校で学んでゆかねばならない時期でもあるので、保護者はそれを見守ったりまた子供の変化に気づくことも必要です。

人間関係の悪化は外で発散

人間のストレスとして一生つきまとうのが人間関係です。社会人になってから振り返ってみると、学校における人間関係の悪さは、視野が狭いが故に抜け出せないものであることがわかりました。大人、いわゆる社会人になると、会社で対人関係が円滑に進まない場合は、趣味や、社外の友達とコミュニケーションを取ってストレスを発散することができます。しかし学生時代は、学校以外の社会をあまり知らないので、学内で何とかうまく対人関係を築こうとします。これは相当なストレスです。現在対人関係が良好でない学生さんは、一度外の世界に溶け込んでみるといいです。学外に気心知れた友達ができれば、学内のストレスがちっぽけなものに感じます。

↑PAGE TOP

© Copyright 子供が学校で学ぶ人間関係. All rights reserved.